コンサルタントと英語

転職時に英語は必要? - コンサルタントと英語

コンサルタントと英語
コンサルタントと英語 > 転職時に英語は必要?

転職時に英語は必要?

別の職業からコンサルタントへ、もしくはあるコンサルファームから別のファームへと、コンサルタントは転職も比較的多い職業です。
このときに英語は必要でしょうか?
これについて、絶対ではありません。
特にまだコンサルタントとして実績があまりなかったり、キャリアアップとは関係なかったりする転職なら、その段階での英語を必須とまではされないこともあります。
特に転職先で英語を必須とする案件が中心になっていなければ、ひとまずは英語ができなくても転職できることはあります。

そのようなケースで大事になるのは、コンサルタントとしての能力や実力です。
素質も大事ですが、コンサルタントは将来性よりも即戦力を期待されがちな仕事ですから、現時点でコンサルとしてどのような仕事ができるのか、そこを重視されることが多いですね。
仮に英語が完璧でも、コンサルとしての実力や能力が必要な基準に達していない場合、採用されずに転職できないことは多いです。
まず必要なのは、コンサルタントとしての実力や能力になることは覚えておくといいでしょう。

ただし、この仕事をするにあたり、英語は必要になりやすいスキルです。
ときにはこれが必須とされることもあります。
その転職先が英語を必須とする案件を中心にしている場合、転職の段階で英語は必須となることもありますね。

このような事情がなくても、英語ができるのはコンサルタントとして非常に有利です。
仮に必須とはされなくても、これができれば印象はかなりよくなります。
その上でコンサルタントとして一定以上の実力や能力があれば、転職に成功する確率も高まります。
このように英語は転職に絶対必要とは限らないものの、できた方が有利です。