コンサルタントと英語

業界と英語 - コンサルタントと英語

コンサルタントと英語
コンサルタントと英語 > 業界と英語

業界と英語

業界単位で必要なスキルがありますが、コンサルタント業界で必要になりやすいのが英語です。
そもそも外資系のコンサルファームが多く、国内で選べるファームの中にも、調べてみると外資系というケースはよくあります。
このようなファームでは英語を必須とすることも多いです。
入社の段階で必要とされることもありますから、この業界に入るための必須スキルとなることもよくあります。

このときには英語で面接が行われることもあります。
英語を聞き取って理解する力も必要ですし、自分が言いたいことを適切に英語で表現する力も必要です。
もちろんこれは英語ができればOKという面接ではなく、英語でコンサルタントとしての実力や能力をアピールしないといけません。
このような会社では、コンサルタントにとって英語ができるのはほぼ前提となるでしょう。

ただ、このような面接がない会社もあります。
そちらを受ければ、英語での面接などは必要なく、日本語で普通に面接を受ければOKです。
ただし、これらの会社なら、英語がまったくできなくてもいいわけではありません。
入社後には同じように、高い英語力を求められることもあります。
入社の前後のどこで求められるかは別ですが、結局はコンサルタントにとって英語は必要になりやすく、日本語だけでできる仕事は限られがちです。

英語ができないと待遇にも影響しやすくなり、昇給や昇進はしにくくなります。
コンサルタントは年収が1000万円を超えるケースも比較的多いですが、英語ができないと、それくらいの年収には達しにくくなるのです。
コンサルタント業界には英語が必須となりがちですから、よく確認しておくといいでしょう。