コンサルタントと英語

クライアントと英語 - コンサルタントと英語

コンサルタントと英語
コンサルタントと英語 > クライアントと英語

クライアントと英語

コンサルタントの仕事での英語の必要性は、クライアントも関係しています。
国内でコンサルタントをするとクライアントも国内企業になることが多いですが、国外の企業がクライアントになることもあります。
国外にあるその企業の経営者や中核スタッフが日本語を話せるケースはやはり少なく、このときは英語でのコミュニケーションになるのが基本です。

国外企業をクライアントとしなければこのような対応も不要になりますが、独立する前は自分の意思で顧客を選べるとは限りません。
コンサルタントとしてのキャリアをコンサルファームからスタートする方も多いですが、このときは会社から案件を与えられる形になります。
自分で仕事を取ってこなくても仕事ができ、収入も安定しやすいのですが、案件を選びにくくなるのが特徴です。

このときに会社から、クライアントが国外企業となる案件を与えられることもあります。
特に外資系のコンサルファームで、世界的に知名度が高く、特定の国や地域に限らずコンサルティングを行っているファームでは、国外企業からの仕事を経験しやすくなります。
このときには英語を話せないことには仕事が始まりませんから、コンサルタントの方でも英語への対応がかなり必要になるでしょう。

なお、英語が話せないのに国外企業からの案件を渡されることがあるのかと、疑問に思うかもしれません。
本人の英語力はもちろん配慮はされますが、それよりは現時点でのコンサルタントとしてのキャリアや待遇、そのときの案件や人員の状況の方が基準として優先されがちです。
そのファームが国外企業を主なクライアントとしており、その案件が比較的よくあるなら、本人の英語力とはあまり関係なく仕事を与えられることはあり得ます。
国外企業をクライアントにしているファームなどに所属するときは、英語力はあった方が安心です。