コンサルタントと英語

職業と英語の関係 - コンサルタントと英語

コンサルタントと英語
コンサルタントと英語 > 職業と英語の関係

職業と英語の関係

コンサルタントという職業には英語が必要になりやすいのですが、それは仕事で直接必要という部分もありますが、コンサルファームに在籍していくためにも、これが必要になりやすいという事情もあります。
このことも知っておくといいでしょう。

コンサルファームとはコンサルティングをやっている会社のことですが、こちらは外資系の大手グループが有名ですね。
世界各地に支部を持っているグループもあり、日本国内に法人を持っているグループもあります。
そのため世界的に有名なそのコンサルファームに国内で在籍することもできるのですが、このときは自分が担当する案件とはまた別の理由で、英語が必要になることあります。

外資系のコンサルファームは幹部が外国人になることもありますし、海外の支部の幹部もやはり外国人となることがほとんどです。
そのコンサルファームに長く在籍し、昇進していくと、このような外国人の幹部スタッフと会話する機会がどうしても多くなり、英語ができないと仕事にならなくなります。

では昇進しなければいいのかというと、そうでもないのです。
コンサルファームは独特の社風があり、昇進しないスタッフが長期間在籍することは難しい場合があります。
長期間在籍する場合は昇進が前提となりますし、それができないスタッフは他のコンサルファームへ転職するか、もしくは独立するかといった選択をすることが比較的多いのです。

そのため、外資系の会社で長くコンサルタントをやると、英語の必要性が次第に高まっていきます。
コンサルタントという職業と英語にはこのような関係もあり、仕事に直接英語を使わなくても、英語が必要になる場合があります。