コンサルタントと英語

独立時に必要な英語 - コンサルタントと英語

コンサルタントと英語
コンサルタントと英語 > 独立時に必要な英語

独立時に必要な英語

独立することも多いコンサルタントという職業ですが、このときに英語はどれくらい必要になるでしょうか?
これは独立した自分の判断となります。
独立後に必要なスキルの判断は、独立した本人が自分で決めていく形となりますので、絶対に必要とまではされません。
英語ができなくても、独立自体は可能です。

ただ、問題はその状態で仕事を受けられるかどうかですね。
コンサルタントの案件は、英語が直接必要になる場合もあります。
クライアントからそのように指定されることもありますし、指定はされなくても、対応ができた方が応じられる仕事内容も増え、仕事が進みやすくなります。
独立後に受けられる仕事は、完全に本人の人気や知名度、実力の結果となるため、応じられる仕事は1つでも多い方が有利です。
そういう意味では、独立時には英語に対応できた方が安心ですね。

ただし、これは本当に独立した本人が自由に決められることです。
英語ができないと、独立したコンサルタントとしてやっていけないわけではありません。
英語が必要ない案件もあります。
それは主に国内企業がクライアントになる案件ですね。
国内企業なら経営者から末端の従業員まで、日本語で対応できることが多いです。
そしてこの企業がグローバルな展開を特に希望していない場合、海外の会社やスタッフとやり取りする必要もありません。
つまり日本語だけで仕事を進められるため、英語ができなくてもコンサルタントとして仕事ができます。

このような案件だけで生活できるなら、独立にあたって英語は本当に必要ないスキルとなるでしょう。
必要ないと思えば無理に身に着ける必要はありませんが、英語ができた方が受けられる仕事も増えるため、不安なら身に着けた上で独立を考えるといいでしょう。