コンサルタントと英語

フリーコンサルタントと英語 - コンサルタントと英語

コンサルタントと英語
コンサルタントと英語 > フリーコンサルタントと英語

フリーコンサルタントと英語

フリーコンサルタントの英語の必要性ですが、これは本人が自由に決められます。
フリーとして独立すると、自分が請け負う案件を自分で選べるようになるからです。
そのため英語の必要性も自分次第となります。

できれば日本語やそれ以外の言語で仕事がしたい場合、英語が必須となる案件は選ばないという選択になるでしょう。
コンサルタントの仕事にも、英語が必要ないものはあります。
たとえば国内企業の経営コンサルといった仕事なら、日本語だけで仕事が完結することも多いですね。
このような案件を中心に受けていれば、英語ができなくてもフリーコンサルタントとして仕事をしていけます。

この点でいえば、フリーになった方が英語の必要性が絶対的ではなくなります。
特に外資系コンサルファームの場合、社内の幹部とのコミュニケーションのため、英語が必要になることもありますが、フリーならこのような社内事情で英語が必要になることもありません。
英語があまり得意でない方には、かなりやりやすい立場となるでしょう。

ただし、フリーの場合は仕事が取れるかどうかも自己責任です。
収入も自分がやった仕事の報酬が100%となるため、収入が途切れる可能性もあります。
そのような中でも英語が必要ない案件だけを選べるかは、自分が対応できる分野の広さや、そのときの案件状況にもよります。
英語が必要ない案件だけでは収入が厳しくなる場合、英語なしでフリーコンサルタントをやっていくのも非常に厳しくなるわけです。

このような部分も含めて、フリーコンサルタントの英語の必要性は本人次第となります。
英語ができた方が対応できる案件も多くなり、仕事を受けやすくはなりますから、どこかで英語をマスターしておくのもおすすめです。