コンサルタントと英語

コンサルタントの英語の必要性 - コンサルタントと英語

コンサルタントと英語
コンサルタントと英語 > コンサルタントの英語の必要性

コンサルタントの英語の必要性

コンサルタントにとって、英語の必要性はどれくらいのものでしょうか?
この仕事をするなら絶対に必要とまでは言えないものの、他の職業に比べて必要とされる機会は比較的多いです。
現在コンサルタントにとって主要な案件となっているのが、海外製の業務ソフトの導入案件です。
クライアントからの要望も大きく、これに応じられるコンサルタントは重宝されています。
この案件では英語が必ず必要になります。
海外製ソフトとなるため、そのソフトの基本言語が英語になっているためです。

このほか、コンサルタントは経営者が普段やっている仕事をサポートする機会も多いです。
この関係で英語が必要になることも多いですね。
その企業が海外でビジネスを行うなら、現在は英語が必須です。
また、その企業の経営者が英語で仕事をしていることも多く、コンサルタントにも同等の英語力が求められがちです。

このようにコンサルタントは英語が必要になりやすい仕事ですから、その必要性も高くなります。
そのためコンサルファームに入社する段階でも、英語力はあった方が有利です。
もちろんこの段階だと必須とは限りません。
英語が必要ない案件もありますから、入社の段階では英語がそれほどできなくてもOKとされることもあります。

ただ、英語が必要になる案件も多いため、同程度のコンサル能力があるなら、英語ができる方を優先して採用される傾向はあります。
このことから、ある程度の英語力はあった方がいいですね。
コンサルタントにとって英語の必要性はこのようになります。
この仕事を始める段階で絶対に必要とされるとは限りませんが、将来的に必要になる可能性は十分にあるため、なるべくできた方が安心です。