コンサルタントと英語

経営コンサルタントと英語 - コンサルタントと英語

コンサルタントと英語
コンサルタントと英語 > 経営コンサルタントと英語

経営コンサルタントと英語

経営コンサルタントとは今必要な経営方針を提案するなど、経営者の業務をサポートする仕事になりますが、こちらでも英語はできた方が有利です。
実際に仕事で使うかどうかは案件次第となり、絶対に必要とは限りません。
必要ないこともあります。

たとえば国内の企業で、特にグローバルな展開もしておらず、海外とのやり取りが必要ない企業の場合、英語が必要になる機会は少ないのです。
このような企業を主なクライアントにしている経営コンサルタントなら、英語力がなくても務まります。
ただし、英語が絶対に必要ないわけではありません。
その企業のコンサルティングをするため、海外の事例や、そこで使われた手法を調べられると、より多くの提案ができることになります。
そのような対応が必要になったら、経営コンサルタントでも英語力が必要になります。

また、クライアントによっては英語が必要です。
外資系の企業の経営をサポートする場合、経営者は外国人となることも多いですから、コミュニケーションをとるために英語が必須になります。
国内に法人がある外資系でも、経営コンサルを行う場合は本国の幹部とやり取りする必要性が出ることも多いです。
このときにやはり英語が必要になるのですね。

また、国内の企業でもグローバルな展開をしており、海外でのマーケティングなどの対応が必要になったら、英語が必要になります。
このように経営コンサルタントでも、英語力が必要になる機会はあります。
もちろんこれはご紹介したように、クライアントによってその必要性が大きく変わりますから、絶対ではありません。
できた方がベターというスキルになるでしょう。