コンサルタントと英語

職業で必要な英語力 - コンサルタントと英語

コンサルタントと英語
コンサルタントと英語 > 職業で必要な英語力

職業で必要な英語力

英語はコンサルタントという職業にとっては比較的必要性の高いスキルとなりますが、どれくらいの英語力が必要なのでしょうか?
これは英語力を調べる認定試験の点数で、よく基準が表示されます。
そのテストの8割以上を正解できた場合、コンサルタントとして最低限標準的な英語力があるとみなされることは多いです。

これ以下の場合はどうかというと、職業で必要な英語力が少し不足していると判断されることもあります。
8割以上の正解という基準に近い点数を取れれば、まったくNGとまではされないものの、正答率が下がるにつれ、必要な英語力が不足していると判断されていきます。
正答率が5~6割だった場合、一般的には英語力が低いとまではされないレベルですが、コンサルタントという職業で必要なレベルから見ると、かなり厳しい結果だと判断されますね。

また、先にご紹介した正答率8割という基準は最低ラインに近いもので、実際にはこれ以上の正答率を出せた方が安心です。
特に英語を必須とする分野のコンサルタントだと、正答率は9割が最低ラインとなることが多いです。
その会社でコンサルタントをやっているメンバーは、それくらいの点を取れる方が大多数となり、それくらいの英語力を前提に仕事の段取りが組まれますから、正答率が8割といった英語力でも仕事を進めるのがやや厳しくなるかもしれません。

このようにコンサルタントという職業で必要な英語力は、それを測るためのテストの点数で判断されます。
この仕事を行うには、正答率として8~9割といった基準が目安になりますから、これで必要な英語力があるかを判断するといいでしょう。